お知らせ

No Image

岡山県感染症情報メールマガジン(2022年8月5日発行)

★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★
     岡山県感染症情報メールマガジン ( 2022年8月5日 )
★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★

■標題
感染症発生動向調査 週報 の更新 について
■概要
感染症発生動向調査 2022年 第30週 の 週報 をホームページに掲載しましたのでお知らせします。

【お知らせ】
次回の感染症情報メールマガジンは、2022年8月15日(月)15:00に配信いたします。

*************************************************************
 岡山県は 『 腸管出血性大腸菌感染症注意報 』 発令中です
*************************************************************

〇発熱や風邪のときは「かかりつけ医」等にご相談を!
新型コロナウイルス感染症は、発熱や咳などで始まることが多く、初期症状が一般的な風邪やインフルエンザと似ています。
こうした症状がある場合は、無理をして学校や職場等に行かないようにして、「発熱外来」で相談・診療・検査をしてもらいましょう。
なお、医療機関を受診する際は、必ず事前に電話予約をし、受診時はマスクを着用してください。
詳細は・・・「新型コロナウイルス感染症に関するコールセンター」(岡山県ホームページ)
→ https://www.pref.okayama.jp/page/718423.html

〇子どもの予防接種を確実に!
現在、新型コロナウイルス感染症の流行による影響から、子どもの定期予防接種率の低下が懸念されています。
接種期間内の方は、早めに予防接種を済ませましょう。
予防接種に関する疑問点などは、お住まいの市町村にお問い合わせください。

----------------------------------------------------
       岡山県感染症週報 第30週 
----------------------------------------------------
◆2022年 第30週( 7 / 25 〜 7 / 31 )の感染症発生動向(届出数)
■全数把握感染症の発生状況
第 28 週 3類感染症 腸管出血性大腸菌感染症 1名(O145:20代 男)
5類感染症 百日咳 1名(30代 女)
第 29 週 2類感染症 結核 2名(60代 女 1名、70代 女 1名)
5類感染症 劇症型溶血性レンサ球菌感染症 1名(90代 女)
梅毒 1名(30代 男)
第 30 週 2類感染症 結核 6名(20代 男 3名・女 1名、80代 女 1名、90代 女 1名)
3類感染症 腸管出血性大腸菌感染症 4名(O103:30代 男 1名、O157:20代 女 1名、30代 男 1名、O血清群不明:30代 女 1名)
4類感染症 日本紅斑熱 1名(80代 女)
レジオネラ症 1名(70代 男)
5類感染症 侵襲性肺炎球菌感染症 1名(70代 男)
梅毒 3名(20代 男 1名・女 1名、30代 男 1名)
新型コロナウイルス感染症 14,962名(詳細は週報参照)

【第31週 速報】
○腸管出血性大腸菌感染症 1名(O157:80代 男)の発生がありました。
○新型コロナウイルス感染症 6,706名の発生がありました(8月1日 〜 3日)。
==============================================================================================
1 新型コロナウイルス感染症は、2022年第30週に14,962名の報告があり(第29週は9,852名)、
県内での2020年からの累計報告数は137,210名となっています。
詳しくは「今週の注目感染症」をご覧ください。
2  梅毒は、2022年第30週に3名の報告があり、2022年の累計報告数は102名となりました(2021年の同時期:74名)。
全国や岡山県内の発生状況など詳しくはコラム「梅毒(性感染症)に気をつけましょう!」をご覧ください。
3 日本紅斑熱は、2022年第30週に1名の報告があり、2022年の累計報告数は4名となりました(2021年の同時期:4名)。
この感染症は、病原体(日本紅斑熱リケッチア)を保有するマダニに刺咬されることで感染します。
ダニに刺咬されないための予防対策等についてはコラム「ダニが媒介する感染症に注意しましょう!」をご覧ください。
4 腸管出血性大腸菌感染症は、2022年第30週に4名の報告があり、2022年の累計報告数は32名となりました(2021年の同時期:25名)。
岡山県は7月19日に「腸管出血性大腸菌感染症注意報」を県下全域に発令し、注意喚起を図っています。
詳しくは、岡山県感染症情報センターホームページ『腸管出血性大腸菌感染症注意報 発令中!』をご覧ください。

<今週の注目感染症>
☆新型コロナウイルス感染症
●発生状況
・全国
2022年8月3日0時現在までで、国内感染者は累計で13,113,301名、国内死亡者は32,819名、
入院治療等を要する者は1,734,592名(うち重症者478名)となっています(厚生労働省ホームページより)。
全国の新規感染者数は、前週比で増加幅は減少してきていますが、増加が継続しています。
新規感染者数の増加に伴い、療養者数の増加も継続しています。
また、重症者数や死亡者数の増加も継続しており、今後の推移が懸念されます。
ワクチンや感染により獲得された免疫の減弱、感染者数が増加しやすく、免疫逃避が懸念される
オミクロン株のBA.5系統への置き換わり等が増加要因として考えられています。
気温上昇によって屋内での活動が増える時期ですが、冷房を優先するため、換気が不十分となる場合があります。
また、夏休みやお盆等により接触機会の増加等が予想されます。
引き続き感染防止策および体調管理の徹底に留意しましょう。

・岡山県(最新情報)
2022年8月4日0時現在までで、岡山県の感染者は累計で143,916名、
死亡者は264名(7月28日〜8月3日までの1週間で8名増加)となっています。高齢者施設・医療機関などでクラスターが発生しています。
直近1週間の新規感染者数は、全国の状況と同様に増加幅の鈍化がみられますが、全ての年代で増加が継続しています。
岡山県は発令目安の病床使用率が50%を超えたこと等を受け、「BA.5対策強化宣言」を発令しました。
ワクチン接種とともに、基本的な感染予防策(3密(密閉・密集・密接)の回避、マスクの正しい着用、手洗い、換気など)
の徹底に留意し、体調が悪いときは外出、帰省、旅行を控え、医療機関を受診しましょう。


その他コラムは・・・
『風しんの抗体検査(無料)を受けましょう!』
『梅毒(性感染症)に気をつけましょう!』
『ダニが媒介する感染症に注意しましょう!』
『食中毒予防の3原則 岡山県は腸管出血性大腸菌感染症注意報発令中です!』
を掲載しています。

◆関連リンク◆
〇新型コロナウイルス感染症について(岡山県)
https://www.pref.okayama.jp/page/645925.html
〇新型コロナウイルス感染症について(厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html
〇風しんの無料抗体検査が受けられます(岡山県)
http://www.pref.okayama.jp/page/380502.html
〇風しんの無料抗体検査(岡山市)
http://www.city.okayama.jp/hofuku/hoken/hoken_00290.html
〇風しん抗体検査について(倉敷市)
http://www.city.kurashiki.okayama.jp/20725.htm
〇風しんの追加的対策について(厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/rubella/index_00001.html
〇風しんに関する疫学情報(国立感染症研究所)
https://www.niid.go.jp/niid/ja/rubella-m-111/rubella-top/2145-rubella-related/8278-rubella1808.html
〇“風疹ゼロ”プロジェクト(日本産婦人科医会)
http://www.jaog.or.jp/rubella/
〇性感染症(国立感染症研究所)
https://www.niid.go.jp/niid/ja/route/std.html
〇梅毒対策(岡山県健康推進課)
https://www.pref.okayama.jp/page/detail-7842.html
〇重症熱性血小板減少症候群(SFTS)に関するQ&A(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou19/sfts_qa.html
〇日本紅斑熱とは(国立感染症研究所)
https://www.niid.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/448-jsf-intro.html
〇ツツガムシ病とは(国立感染症研究所)
https://www.niid.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/436-tsutsugamushi.html
〇マダニ対策、今できること(国立感染症研究所)
http://www.nih.go.jp/niid/ja/sfts/2287-ent/3964-madanitaisaku.html
〇食中毒予防の3原則(岡山県生活衛生課)
http://www.pref.okayama.jp/page/detail-101780.html
〇家庭でできる食中毒予防の6つのポイント(厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/syokuchu/01_00006.html

■「週報」 掲載ページ
http://www.pref.okayama.jp/page/99228.html
■予防接種情報(岡山県感染症情報センター)
http://www.pref.okayama.jp/page/356399.html

岡山県健康推進課ホームページ
http://www.pref.okayama.jp/soshiki/36/
岡山県感染症情報センターホームページ
http://www.pref.okayama.jp/soshiki/309/


**************************************************************
発行:岡山県感染症情報センター(岡山県環境保健センター)
  
配信停止、登録内容の変更は次のURLからログインしてください。
https://sslweb.pref.okayama.jp/mailmaga/

当メールマガジンへのご意見
ekigaku@pref.okayama.lg.jp
***************************************************************
  • [登録者]岡山県感染症情報センター
  • [言語]日本語
  • [エリア]岡山県 岡山市
  • 登録日 : 2022/08/05
  • 掲載日 : 2022/08/05
  • 変更日 : 2022/08/05
  • 総閲覧数 : 2 人